スカイマークの国内航空券は評判通りお値打ち価格でした。

子連れ優先のサービスはカット

子連れでの飛行機は心配 : 子連れ優先のサービスはカット : CAさんの対応に助けられた

機内ではなるべく疲れて寝てしまうように、ターミナルでは歩いたり、走らせたりと体を動かすように心がけました。
それと、気圧の関係から耳が痛くなりなく出す子供が多いと聞き、娘の大好きなあめも持参しておきました。
いざとなったらこれを食べさせて、耳抜きを試みようと思っていたからです。
週末ということもありスカイマークのカウンターは混雑していました。
チェックインから荷物の預けは夫に任せて私と娘は空港内のお店に行き娘が好きそうなおもちゃを買ってあげました。
「飛行機の中でこれで遊ぼうね」と約束したうえでのことです。
その後、保安検査場を通り、出発カウンターをこえて機内に乗り込みました。
大手航空会社では、通常、小さなお子様がいると優先に搭乗できるサービスがあるのですがスカイマークはそういったサービスはなくてほかの人と同様に並んで登場しなければいけません。
娘は初めて見る飛行機の中に興奮気味なのか固まってしまいました。
びっくりして今の状況が呑み込めなかったようです。
おとなしく椅子に座りベルトもして順調に空の旅がスタートしました。
離陸後すぐに「なんだか耳が痛い」と言い出したので、さっそく飴をなめさせたところ「大丈夫になったよ」といい、空港の売店で購入したおもちゃで遊びだしました。
ちなみに、スカイマークでは子供におもちゃのサービスはありません。
飛行機に関連したおもちゃが大手航空会社ではもらえるのですが、お値段が安いためにコストカットされているのでしょう。

スカイマーク運賃案内